蛇口周辺の軽い水漏れなら自分で修理

キッチンや洗面所など、蛇口からポタポタと水が漏れている状況を放置しておくと、単に音が気になるだけではなく、大切な水を無駄遣いすることにもなってしまいます。

大事なのは、出来るだけ早めに適切な修理を行うことでしょう。蛇口周辺の水漏れを修理するに際して、念頭に置いておきたい点は、症状が軽ければ慌てて業者を呼ばなくても、自分で直すことができるということです。自分で修理しようと思う場合、まず水漏れしている箇所を特定し、その部分の仕組みを理解した上で、正しい手順に従って作業を進めていく必要があります。

忘れてはならない重要な点は、作業の前に必ず止水栓を閉めることです。閉め忘れてしまうと、床が水浸しになるなど大変な状況が生じるため、十分の注意が必要です。例えば、最近の住宅に多く見られるシングルレバー混合水栓の場合を考えてみましょう。水を完全に止めているのに蛇口からポタポタと漏れている場合、バルブカートリッジが劣化しているか故障していることが考えられます。

バルブカートリッジは部分的に修理するのは難しいため、新しいものを交換することが勧められています。また、家に取り付けられているのが2ハンドル混合水栓で、蛇口の取り付け部分から水漏れする場合があるかもしれません。そのような場合は、ナットの緩みをチェックしてみて締め直すか、それでも直らないなら水栓パイプを取り外しリングやUパッキンを取り替えれば直ることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *