水道修理を静岡市でするには

水道で起こる水漏れなどのトラブルは経年劣化による部品の故障や破損、排水管のつまりなどが原因で起こります。

水漏れをそのまま放置していると床や壁などが水に浸かって傷み、水道修理以外にも費用が発生することになります。水漏れを見つけたら、なるべく早く専門の事業者に修理を依頼して下さい。水道修理を依頼する際には、その事業者が自治体から指定を受けているか必ず確認してください。静岡市で水道修理をすするためには、静岡市上下水道局から指定を受けている事業者に依頼する必要があります。

静岡市上下水道局からの指定を受けていない事業者に工事を依頼して、基準に合わない工事をされてしまうとトラブルの原因になります。台所の蛇口などで使われている部品の多くは、耐用年数が7年から10年です。取り付けてから10年ほどが経過すると、何らかの不具合が出てくる可能性があります。パッキンなどの部品は、ホームセンターなどでも売っており購入することが可能です。

正しいサイズの部品を購入すれば、自分で交換して修理をすることができます。2ハンドル水栓などで使われている部品には、メーカーによる違いはないのでサイズさえ合っていれば交換可能です。水道の配管自体に損傷があり、亀裂から水が漏れている場合は専門の事業者に修理を依頼した方が安全です。素人が下手に修理しようとすると、かえって壊してしまい被害が広がる可能性があります。出張費や技術料が発生したとしても、無理に自分で修理するよりプロに修理してもらったほうが安心であり間違いがありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *