静岡の専門会社が実施している浴槽つまり修理の方法

入浴後に不要となった湯水を排水する時、ボコボコと低い音を立てて水が逆流してきたという現象を見かけたことはありませんか。

これは浴槽つまりというトラブルで、早急に修理をしないと室内にまで排水が流れ出る恐れがあります。この浴槽つまりが起きた際は、専門の修理会社に連絡すれば迅速に解決してくれるので慌てることはありません。昨今では都心部だけでなく郊外でも数多くの会社があり、連絡した当日のうちに修理を完了させることも可能です。東海地域を代表する都市・静岡には、2020年5月時点で計270件の水道専門修理会社があります。

このうち一般家庭の浴槽つまりに対応しているところが計150件で、個人商店から株式会社など規模も多種多様です。各会社で実際に浴槽つまりを修理する方法を公式webサイト上で記載しており、大半の会社で「高圧洗浄機」を用いた修理をなされています。静岡の場合、各家庭に敷設されてる排水管の直径がわずか5cmしかないため、通常の修理方法であるワイヤーブラシを用いた洗浄がおこなえないのが理由として挙げられます。

静岡地域で実施されている「高圧洗浄機」による浴槽つまりの修理は、約20hpの水圧の水を排水口から流して排水口内に溜まった異物を下水管へと流す方法です。浴槽から流れでた髪の毛はもちろんのこと、石鹸やシャンプーの油分が蓄積されている配管も内も同時に洗浄できるので、効率の良い修理方法であるといえます。
静岡の浴槽つまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *