家の耐久性に影響も水漏れトラブル修理が必要

水漏れのトラブルを修理せずに放置することはいろいろなリスクが発生するから、ほんの僅かであってもきちんと直して水回りの管理を徹底していかなければなりません。

キッチンの蛇口が不具合の場合はシンク内にポタポタ落ちるから、音が気にならなければ問題ないと考える人もいるでしょう。でも室内の湿度が高まってしまうから、梅雨の時期や夏場は大変です。天井や壁などに、カビが発生してしまう可能性があります。特に発生しやすいのは黒カビですが、目に見えなくてもびっしり発生していることがあるため注意が必要です。菌糸はなかなか目に見える状態にならないことも多く、いつの間にか広がっていることがあります。

お湯を使って湯気が出るとなんとなくカビ臭いという場合は、目に見えないカビが胞子を出していて吸ってしまっている可能性があります。天井や壁のクロスが湿気で歪んでいる場合、その裏側は大変です。また、湿気を帯びている部屋にお菓子などを放置してしまうとやはりカビが生えやすくなりますし、お料理などを冷ましている間にも菌の繁殖が考えられます。梅雨の時期や夏場だけが水漏れトラブルを放置し、修理しないのが危険な状態になるわけではありません。

冬場でも注意が必要です。冬場は窓ガラスなどに結露がつきやすくなり、サッシの溝や床が湿り気を帯びます。床板などが歪み腐食しやすくなりますし、水垢ができる場合もあるでしょう。また気温が下がり寒くなる時期には、室内であっても凍ります。暖房で暖かくなったり夜に凍ったりを繰り返すと、湿気を帯びている部分の劣化がかなり進んで建物を駄目にしてしまいます。耐久性にも関わる問題になるので、水漏れトラブルはすぐ修理をお願いしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *