一軒家特有の水道工事を静岡で施工するときの選択肢

静岡の一軒家にお住いの方は、住宅内の水回りの設備以外にも、屋外に水栓柱が備わっていることが多く、一軒家特有のものとして便利に使えます。

水栓柱は洗車をするときに活用をしたり、ガーデニングや家庭菜園を行っていれば、水やりの作業も楽にできます。高圧洗浄機を購入して外壁の洗浄まで行う方もいて、あると便利な水道設備です。水栓柱は古い住宅の場合、鉄製の水道管を用いていて、地中から地上へと垂直に立てられた先端に蛇口が付いている構造です。その近くには止水栓も立てられていることもあり、全て地中で接続されていることが特徴的です。

鉄製の水栓柱は静岡の住宅によっては既に耐用年数を超えていて、蛇口から水漏れが起きたり配管に穴が開いてしまい、蛇口同様に水漏れが起きることは珍しいことではありません。蛇口はパッキン交換で直す方法もありますが、新品へと交換する方法も屋外利用という観点からも選択肢では間違ってはいないものです。蛇口からの水漏れだけの場合は、これらの方法で修理を済ませられますが、大きな問題になるのは水道管の穴開き問題です。

一時しのぎ的な修理方法はいくつかありますが、既に耐用年数を超えていて、老朽化が激しいと判断した時には、修理ではなく工事を行う必要性があります。ご利用中の水栓柱の周囲から地面を掘り起こして、地中の埋設管と接続している部分まで掘り下げます。その後は新しい水栓柱に交換工事を行う方法で完全に直せますが、静岡の工事会社によっては多種多様な水栓柱から選べることが多く、金属製でも錆の発生しないタイプから、水道管を円筒状のカバーで被っているもの、デザインを施したお洒落なタイプもあるので、慎重に新しい水栓柱を選び出すことで美映えの良さと快適性を発揮できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *