過剰な水分摂取によるトラブルとそれを防ぐ方法とは

たとえば海外旅行などで、飲んだ水が最近に汚染されていたとか、ミネラルが多く含まれていた場合などは、下痢や軟便などのトラブルが出ることがあります。無論日本国内では、このようなことはあまり起こりませんが、過剰に水分を取ると体に負担がかかり、やはり下痢や軟便などの原因となってしまうことがあります。元々私たちの体内では、こういう症状が起こり難いようにコントロールされているのですが、このコントロールがうまく行かなくなることで、お腹が痛いとか下痢をするといったことになってしまうのです。また夏の暑い時期は、熱中症を防ぐために水分補給をする人も多いです。

これはとても大事なことなのですが、あまり過剰に補給すると、これもまた体内のバランスが壊れてしまい、トラブルが起こるもととなりかねません。この場合もまた下痢、軟便といった症状が出てしまいます。単にがぶ飲みすればいいというわけではなく、その都度必要な分量を補給するように気を付けておきたいものです。熱中症対策は水分補給だけではなく、腸のバランスを正常化する必要もあります。

普段から暴飲暴食や冷たいものの摂り過ぎに気を付け、胃腸薬を常備しておくなどして、不意のトラブルの時にも乗り切れるようにしておきましょう。また腸のバランスを整えるには、運動も欠かすことができません。ウォーキングやエクササイズなどを普段の生活にうまく採り入れて、腸の健康を維持できるように気を付けるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *